プラウザの戻りボタンよりお戻りください

器楽庵トップページへはこちら
パソコン  スマホ

    有田焼

 釉彩マロンマグカップ
  (トムソン箱入り)

 mg-77

 本体価格
  
3,000円

◎カテゴリー  碗皿>マグカップ
 マグカップ



口径 8.3cm  高さ 10cm
持ち手まで 11.5cm
重さ 220g  容量 200cc
 
 

大乗窯    型成形   ぼかし  磁器 
 

《大乗窯》

他に無い個性的な器を作られている窯元です。

家庭用食器だけでなく割烹食器も多く作られており
料亭・旅館、特に創作系料理屋さんなどで愛用されています。
 
 

《有田焼》

磁器の創成は佐賀鍋島藩主直茂公が征韓の役の帰途
連れ帰られた朝鮮人陶工・李参平が有田で苦心試焼の結果
初めて白磁器の製作に成功したのが我が国初めての磁器であり
元和2年1616年と伝えられています。

有田焼は磁器の分類に入ります。

磁器の特徴として素地が白いということも上げられます。
そのため鮮やかな絵付けがとても映えます。
 
 
   有田焼・大乗窯の
個性的でスタイリッシュな
優しい色目のマグカップ。




薄オレンジ色と
薄紫色のぼかしラインが
やわらかな感じをうけるマグです。
内口縁にも薄オレンジ色の
ぼかしラインが施されています。 


マグは細い形状に
仕上げています。



淡い釉彩が織りなす
可愛く上品なマグです。
 
  
  和風ポップなマグカップです。


水彩絵の具を
水でうすめぼかしたような
独特なタッチのマグカップ。



ハンドルは男の指
2本は入りません。
 
   
大乗窯ならではの
やさしいマグカップです。



磁器ですが陶器のような
やわらかさを醸し出しているマグ。



「うつわ」表面には
貫入が入っています。
 
 

【貫入】

陶器の焼成時における陶土と釉薬の収縮率の差によって
生ずる表面(釉薬)の細かいひび状のものです。

陶器は陶土に釉薬を塗って焼かれます。
その際釉薬はガラスのように溶けて陶器の上を覆います。

焼かれた後は次第に冷えていくわけですが
その時の収縮度が陶土と釉薬とで違うのです。

この差により釉薬がひびのような状態になって固まります。

これを貫入と言います。
 

   マグカップの裏部分。



コーヒー・ミルク
緑茶・ジャスミン茶
紅茶・スープなどに。