プラウザの戻りボタンよりお戻りください

器楽庵トップページへはこちら
パソコン  スマホ

    九谷焼

 フリーカップ《家守》
  (化粧箱入り)

 syt−09

 税込価格
  
22,000円

◎カテゴリー 作家作品>山近泰 
フリーカップ


径 8.8cm  底径 5.5cm
高さ 2.8cm
重さ 240g  容量 350cc  
 
 

山近泰作品   手作り   手描き   磁器 
 

≪山近泰(やまちかやすし)≫ 

タタラの形に九谷焼の五彩色を使っていろいろな
動物や植物を描きモダン且つ幻想的な世界を作り上げています。

日本工芸会準会員。

平成10年 創造美術会会長 山近剛先生に師事。
平成12年 石川県立九谷焼き技術研修所 実務者コース加飾科卒業 
       ロクロ形成を学ぶ。
平成14年 第25回 伝統九谷焼工芸展 初出品 初当選。
       第55回 創造展 初出品 初入選。 
平成16年 第57回 創造展 新人賞受賞。
平成18年 第1回 能美市公募展入選。
       第59回 創造展 会友賞受賞。
       第47回 石川の伝統工芸展 初出品 初入選 奨励賞受賞。
平成19年 現代美術展 初出品 初入選。
       第60回 創造展 新柳北信賞受賞。
平成20年 現代美術展入選。
平成21年 第56回 日本工芸展入選。 横浜・岐阜高島屋にて個展。
平成22年 第57回 日本工芸展入選。 日本橋三越にて個展。
平成23年 第35回 伝統九谷焼工芸展 大賞受賞。
       新宿伊勢丹にて個展。
平成24年 伝統九谷焼工芸展大賞。
    
 
 
 「九谷焼」

九谷焼とは石川県加賀地方で生産される陶磁器を総称した名称です。

九谷焼の歴史は明暦元年(1655年)初代大聖寺藩主 
前田利治が領内の九谷村に後藤才次郎に命じて
九谷焼(古九谷)を築かせたのが始まりです。


1700年頃には古九谷窯が廃窯に至ったとも言われていますが
原因はさだかではありません。

文化3年(1806年)青木木米が京都より招かれ金沢の春日山窯に
九谷焼の窯が開窯され文政6年(1823年)には吉田屋伝右衛門が
九谷焼の再興を願って九谷村に九谷焼の新窯を築きました。

 
  九谷焼・大志窯
山近泰氏が描いた
ヤモリ・フリーカップ。
   


ワンランクUPのフリーカップ。



山近泰独特の色合いで。
   
  星のような指先がユニークな
ヤモリフリーカップです。


 
モダン且つ幻想的な
構図で描いた
「家守」フリーカップ。


「家守(やもり)」 

家にとって害虫となる様々な虫を食べてくれるヤモリは
家を守ってくれる縁起物として「家守」といわれています。


山近泰氏独特な
筆致と色彩でヤモリを
描いています。



 九谷焼の五彩色を使用して
描いた「家守」図のフリーカップ。

 
  裏面にはヤモリの腹面を
優しい紫色で描いています。
 


山近泰氏と言えば
「神象」が代表的なモチーフとして
定着していますが
今回は「家守」のフリーカップです。
 
  

ビール・ハイボール・アイスコーヒー・アイスティー
グリーンティー・サワー・スムージーなど
色々に使用できる「フリーカップ」です。 
 

 

真上からの部分。

山近泰のサイン。