プラウザの戻りボタンよりお戻りください

器楽庵トップページへはこちら
パソコン  スマホ

 九谷焼

 雪雀図 豆香炉
  (木箱入り)

 sn−10

 本体価格 15,000円

◎カテゴリー  作家作品>中村陶志人

中村陶志人作   手造り   手描き   陶器

【中村陶志人】


石川県根上町在住 昭和24年2月生 
 伝統九谷焼工芸展入選・受賞
 創造美術展入選・受賞
 日本工芸展入選
 
 石川県九谷焼技術研修所講師
 一級技能士
 伝統工芸士
 日本工芸会正会員
 創造美術会会員

【九谷焼】

九谷焼の始まりは謎につつまれています。
江戸時代初期に有田で色絵磁器焼成を学んだ後藤才次郎が
窯を築いたのが始まりといわれています。
この窯で焼かれていたものを古九谷といいますが
古九谷は有田で焼かれていたのではないかともいわれています。
この窯は数十年のうちに廃窯してしまい
江戸時代後期に藩によって再興されます。
再興後焼かれたものを古九谷に対し再興九谷といわれています。
現在では600程の窯元があり、伝統的な色絵磁器から
自由な表現のものまで多種多様に生産されています。



斬新で心引かれる
雪雀図を丁寧に描いた
香炉です。


小品ながら存在感のある香炉。


繊細な筆致とやさしい色使いで
描かれた作品は
美術品といっていいでしょう。

  香 炉
 
  高さ(蓋まで) 9cm  幅 7.5cm
  内径  4cm      重量  160g

『雀の図』
雀は私達日本人にとって生活に密着した最も身近な鳥と言えます。
昔話や民話でも害虫を食べてくれる「益鳥」といての話しや
穀霊神的な性格づけ、報恩話等が数多くあり
各地に伝わる俗信の中でも好意的に捉えられています。
他にも「竹に雀」「稲穂に雀」に代表されるように
絵柄や家紋にも多く用いられる縁起の良い鳥なのです。 



冬の情景をイメージした
雪雀図を香炉に
卓越した技術と感性で
表現した逸品です。



ふっくらした雀の毛並みや
寒さを表現した表情が愛らしく
繊細に描かれた香炉。
雀を描けば右にでる人は
いない中村陶志人先生の作品です。
中村陶志人先生の世界を
堪能してください。



小ぶりなので色々な場で
インテリアの装飾として使えます。
日本工芸会正会員・中村氏の手で
寒さをしのぐ雀が描かれた香炉です。
【香炉】
香をたくための器。
元来は仏具であるが、香道や床の間の置物飾りなどにも用いられる。
形はさまざまで陶磁器や金属製のものなどがある。

「香炉の使い方」

○香炉の八分目まで香炉灰を入れます。
○香炉灰の上で蓋を閉めずにお香を焚いてください。

(この香炉の場合はスティック香を香炉灰に立てて焚いてください。)
○焚いていない時は蓋を閉め、インテリアとしてお楽しみ下さい。



「中村陶志人」のサイン。

足の部分にもアクセントの
絵柄が施しています。