プラウザの戻りボタンよりお戻りください

器楽庵トップページへはこちら
パソコン  スマホ  携帯

   信楽焼

 土と炎絵変わり
   型変わり飯碗揃
 
  (段ボール箱入り)

 mm−21

 本体価格
  6,300円


◎カテゴリー私の器>飯碗
   
 
成形型(彫・手描き)    陶器 
 
【信楽焼】

信楽は日本六古窯の一つで
1250年の伝統を誇る日本最古の産地です。
その始まりは、天平14年(742年)聖武天皇が
紫香楽宮の造営に着手されたときに
布目瓦、汁器の須恵器を焼かれたことに始まり
その後、水がめ、種壷、茶壷、茶器、徳利、火鉢、植木鉢など
大物から小物に至るまで信楽特有の土味を発揮して
登窯、窖窯の焼成によって得られる温かみのある
火色(緋色)の発色と自然釉によるビードロ釉と
焦げの味わいに特色づけられ
土と炎が織りなす芸術として“わびさび”の趣を今に伝えています。

一般的には狸の置物で有名ですが、信楽の土は
耐火性に富み可塑性とともに腰が強いといわれ「大物づくり」に適し
かつ「小物づくり」においても細工しやすい粘性であり
多種多様のバラエティーに富んだ信楽焼が開発されています。
  
 
  土味が優しく
しっくりと手になじむ
飾らない飯碗揃いです。



形も色目も細工も
違うご飯茶碗の5客組。 



毎日頂くご飯だから
温かい土味の「飯碗」。
素朴で飾りすぎない
軽い桑茶飯茶碗。
 



土本来の素材感を生かした
ナチュラルな魅力ある
飯茶碗です。

 
桑茶飯碗

 カネダイ陶器

単品売価 1,300円
径 12.5cm  高さ 7cm
重さ 250g 
  炊きたて御飯が
美味しく。 



たっぷり入る大き目な。


土肌が温もりを感じさせる。
 

底高台部分です。
 
   程よい厚みと手になじむ
丸みのある飯碗。




錆で描いた十草模様。
 
単品売価 1,400円
径 11.5cm  高さ 6.8cm
重さ 210g
 錆十草飯碗

丸十製陶 
落ち着いた雰囲気がある飯碗。



素朴で飽きの来ない
人気の飯碗。 
 
   

底高台部分です。
信楽の荒土を使用した
素材感がある飯碗。



 
土の手触り質感を生かした茶碗。
 
黒磯飯碗

丸十製陶
 
 単品売価 1,100円
径 11.5cm  高さ 6.5cm
重さ 170g
  うつわの内と外側に
大胆な白刷毛目を
描いた飯碗です。  




粋でお洒落な飯碗。
 

底高台部分です。
 
   
 
   
  器の外側にソギを施した
丸みを帯びた深めの
形がモダンな飯茶碗です。



少し重ためなご飯茶碗
。 

単品売価 1,300円
径 11.7cm  高さ 7cm
重さ 275g 
白釉彫飯碗

炎の味窯(ひのみかま)
 
粉引釉の優しい
風合いがあるご飯茶わん。
 
   

底高台部分です。
丸みを帯びて深めで
麦飯が似合う飯碗です。



釉薬の妙味と個性がある飯碗。
 
粟茶飯碗

三彩陶器 

単品売価 1,200円
径 12.5cm  高さ 7cm
重さ 200g
  豪快な粉引き釉の流れ
飾りすぎない
野趣あふれる飯碗。
  



変幻自在な色調と風合い。
器の内側には鉄粉が。


少し重みがあります。



ロクロ目を施しています。
 
   

底高台部分です。