プラウザの戻りボタンよりお戻り下さい。

器楽案のこの商品のページはこちら
パソコン  スマホ

   波佐見焼

 丸地紋(呉)はさみ平碗
  (ダンボール箱入り)

 hm−18

 本体価格
  
1,600円

◎カテゴリー  私の器>平茶碗  
 平茶碗


径 14cm 高さ5cm

重さ134g  
 
 

一誠陶器     成形型    ゴム版絵付け   磁器 
 

「一誠陶器」

使う人のことを考え抜いた形状と飽きの来ない絵柄
また技術力 も優れたものがあります。

軽量の「うつわ」を作ったさきがけの窯元。
 

この製品は軽量ではないです。 
 

「波佐見焼」

波佐見焼は長崎県の波佐見という小さな
焼きものの街でつくり出されています。

波佐見焼の開窯は慶長3年(1598年)に大村藩主・大村喜前が
朝鮮出兵の帰国の際に伴ってきた李祐慶兄弟らの陶工が
慶長4年(1599年)に波佐見町村木の畑ノ原
古皿屋、山似田に連房式階段状登窯を築き始められました。

慶長7年(1602年)に良質の磁器の原料が発見され
波佐見焼はしだいに染付や青磁を中心とする磁器へ移行。

江戸後期には染付が日本一の生産量になり
染付・青磁ともに大生産地に発展。

それにより波佐見焼は日本を代表する磁器産地となりました。

昭和53年の伝統的工芸品の指定などによって
「波佐見焼」と呼ばれるようになり
ようやく波佐見焼の名が知れ渡るようになってきました。
 
 
  波佐見焼・一誠陶器の
平たく浅い形の
丸地紋(呉)平碗です。
 



持ちやすく食べやすく
スタイリッシュで上品な平碗
 
 

 「平茶碗」

茶道で夏にもちいる抹茶碗のことです。

夏の平茶碗がこのような形をしている理由は
広い口でお茶が冷めやすい形だからです。 

このような特徴がある夏抹茶碗を日常使いにとの思いで
新たなアイデアを取り入れ飯碗を浅めに作ったものです。


平碗の内側には
丸地紋の絵変わりを染付で
5種類施しています。
 


浅めで口径の広い
飽きの来ない
はさみ平碗です。
 
   
  はさみ平碗は美しい形状です。


もちろんご飯茶わんにも
お茶漬用・小鉢用の
煮物碗・和え物
サラダやデザート鉢など。
   
一つ一つの地紋は
縁起の良い文様です。


重なりも良く収納スペースに
無駄がありません。

 
  シンプルなフォルムの
はさみ平碗。



白磁の美しい
なめらかな表面です。

 「ゴム版絵付け

筆描き以外の印刷技術による絵付け(印判)をこんにゃく版
型紙・銅版・ゴム版絵付けなどがあります。
 
この技法は文様の彫られたゴム印に陶磁器用絵具をつけ
器面にに押印する絵付け方法です。

ゴムの弾力を利用するため曲面への押印が可能で
安価な印刷法として上絵付・下絵付けに利用される。


うつわ外側にも
5種類の丸地紋を
バランスよく施しています。


平碗の底部分。


協立陶器のブランド「胡窯」の印。
 
 
   

 磁器は磁肌がなめらかなのでお手入れも簡単で
毎日使用する「うつわ」には最適です。