プラウザの戻りボタンよりお戻りください

器楽庵トップページへはこちら
パソコン  スマホ  携帯

 花見鬼飯碗  有田焼

 花見鬼飯碗
  (黒トムソン箱入り)

 WA−05
 本体価格
  3,500円


◎カテゴリー うつわ紀行>童工房
 飯碗

 口径  11.7cm  高さ  6cm
 重さ  185g
 
 童工房・迎田秀仁作   手造り    手描き   陶器
 
【迎田 秀仁】

染付けに魅せられて和と洋、古器と新感覚を
独自の手作り手描きに織り込んで新時代の器を求め作陶に
たった一人で励んでおられる佐賀県武雄市の出身です。
 
《有田焼》

磁器の創成は、佐賀鍋島藩主直茂公が征韓の役の帰途、連れ帰られた
朝鮮人陶工・李参平が、有田で苦心試焼の結果初めて白磁器の製作に
成功したのが、我が国初めての磁器であり、元和2年1616年と伝えられています。
有田焼は磁器の分類に入ります。磁器の特徴として、素地が白いということも
上げられます。そのため、鮮やかな絵付けがとても映えます。



   迎田秀人さんの
手造り手描きの
ユニークな飯碗です。



ユーモラスな鬼さんが
団子を持ち花見を
している様子が描かれた飯碗。



形状も段を作り変わっています。
 表情豊かな虎パンの鬼さんです。


鬼さんが見つめる先には
桜模様が描かれています。



見た感じよりは
軽く仕上げています。
 
 個性あふれる飯碗はプレゼントにも喜ばれます。
 
 内側の口径には染付けで桜が整列よく描かれています。
   
 赤濃がインパクト
   

「童工房」のサイン