プラウザの戻りボタンよりお戻りください

器楽庵トップページへはこちら
パソコン  スマホ  携帯

   有田焼

 いぶし銀内白マット
  エクボロックカップ

   (化粧箱入り)

 te−08
 本体価格 3,000円


◎カテゴリー うつわ紀行>陶悦窯 
ロックカップ

径 7.8cm  高さ 8.5cm
重量 230g  容量 270cc 
 
 
陶悦窯    形成型     磁器 
 
 【陶悦窯】

開窯(平戸藩御用窯)以来380余年の歴史を誇る。
廃藩置県後、オランダ貿易を始め、伝統技術を守りつつ
割烹食器に力を入れる。窯場拡張の為、昭和38年有田町に窯を移し
独自開発の代々受け継がれた釉調合は100種を超える。
 
「有田焼」

磁器の創成は、佐賀鍋島藩主直茂公が征韓の役の帰途
連れ帰られた朝鮮人陶工・李参平が
有田で苦心試焼の結果初めて白磁器の製作に成功したのが
我が国初めての磁器であり、元和2年1616年と伝えられています。
有田焼は磁器の分類に入ります。磁器の特徴として
素地が白いということも上げられます。
そのため、鮮やかな絵付けがとても映えます。
  
 
 
陶悦窯(陶歴)

日展会友
・日本現代工芸会員
・九州現代工芸会員
・佐賀県陶芸協会会員
・県立有田窯業大学校講師
・第三十二回日本現代工芸美術展会員賞(平成五年)
・日本現代工芸美術家協会審査員(平成七年)
・日本現代工芸美術家協会審査員(平成十六年)
・第四十七回日本現代工芸美術展
 蓮田修吾郎賞(平成二十年)
・第二十五回日展入選以後、
 第四十回日展(平成二十年)まで連続入選
   
 
  陶悦窯らしい
ゴージャスな逸品。



 
高級感を漂わせるロックカップ。


「うつわ」には持ちやすいように
エクボを施しています。
 
ふっくらとしたシルエットが
優しさを表現しています。
 


「うつわ」の表面は
ツルットしています。
 
 
格調高い重厚な雰囲気のカップです。 
 
  匠の技が光るロックカップ。



銀彩がシックで上品なカップ。
 
陶悦窯秘伝の寂の効いた釉薬に
磁器の強度とシャープさに
土もののような手触り感が特色です。


※金銀彩を使用しておりますので電子レンジでのご使用はお避け下さい。
 
 
 

「陶悦」窯のサイン。