プラウザの戻りボタンよりお戻りください

器楽庵トップページへはこちら
パソコン  スマホ

   有田焼

 オランダ万才台付レンゲ
  (段ボール)
 ah−54

 本体価格
 
1,800円

◎カテゴリー うつわ紀行>青花
台付きレンゲ

レンゲ
長さ 12.5cm  重さ 40g

受け皿
径 9.5cm  高さ 1.6cm
重さ 50g 
 
 

しん窯   成形型   手描き    磁器  
 

【しん窯】

形状のおおらかさ、絵柄の楽しさ、ユニークさ、
呉須の味わい、釉薬の温もりを特色としています。


【青花】


花という字は中国で文様という意を持ちます。
青い文様すなわち染付けの器。
そこには時を越えるブルーと奔放で温もりある筆致があります。
 
 
 

  「有田焼」

磁器の創成は佐賀鍋島藩主直茂公が征韓の役の帰途 
連れ帰られた朝鮮人陶工・李参平が有田で苦心試焼の結果初めて
白磁器の製作に成功したのが我が国初めての
磁器であり元和2年1616年と伝えられています。

有田焼は磁器の分類に入ります。

磁器の特徴として素地が白いということも上げられます。
そのため鮮やかな絵付けがとても映えます。

 
  有田しん窯・青花
手描きのオランダ万才絵
小皿付レンゲ。
 


小皿付きレンゲですが
一口デザート用としての
お洒落な使い方も出来ます。
受け皿もお手塩皿として
お使いください。

 

珍味・薬味・醤油・タレ
漬物・ジャム・バターなど



受け小皿付きなので
テーブルが汚れません。
 
  
   

受け小皿の裏部分。


青花のサイン。

「オランダ万才」

三河万才のオランダ版として作詞されたと考えられる歌詞で
江戸時代に京阪地方で琴唄として使われたいました。

これを昭和8年に長唄舞踊「オランダ万才」として創作発表され
昭和9年に町兼検番に伝わったものです。

昭和26年に新橋町から「長崎くんち」に奉納されました。

踊り子はシルクハットをかぶり南蛮服装で唐扇子を手にした
人と鼓をもったピエロ風の人との二人で一組です。
 

  見た目も可愛く
スタイリッシュなレンゲ。



ユニークな異人さん。



マーボー豆腐・シチュー
湯豆腐・雑炊のレンゲや
一口料理・珍味を盛っても。
  

青花の「うつわ」は染付にこだわり
丈夫な素地と使いやすい形状で
一つのブランドとなっています。

また飽きにくく料理が映えし
他の器にも合わせやすいのが特徴です。
 

 

横から。

青花のサイン。


電子レンジ・食洗器OK。
 

※1個1個手描きですので写真と現物とは
微妙に違いますのでご了承ください。